2021年11月27日

コロナ渦で進むICT化

IT化が進む近年、コニュニケーションを図るための手段として情報通信技術を用いる「ICT化」が加速しています。その代表的な例が、オンライン診療です。遠隔で診療を行うスタイルが受け入れられるようになり、利便性が高いことから今後ますますオンライン診療の導入が進むと予想されています。
ICT化により期待されているのは、情報のデータ一元化による効率性です。即座に複数の情報が提供されることにより、医療現場で適切な治療を行えるうえ、人手不足の問題を軽減できたり、医療アクセスを向上させたりなど、多くのメリットを得られます。
ICT化の課題と向き合いながら進化を遂げる医療ICT。今後のさらなる推進から目が離せないでしょう。